デルメッドを成分からみた効果

BMPに働きかける「CTP」有効成分とは

STP(6−ベンジルアミノプリン)が使用されているデルメッド。この、育毛成分STPとは、元々農業で使われていた成分なのです。植物細胞の活性化に対して有効なため、蘭の開花調整、果実の成長などに使用されていたそうです。

 

1995年に当時の厚生省で有効な成分であると認可されてからは、数多くの育毛剤に使われています。今でもずっと使われ続けている成分なのでその実績は高いです。三省製薬という開発元が、白髪防止剤の開発で、500種類以上という多くの素材を研究し続け、発見されたのがSTPでした。

 

細胞の活性化というのを育毛に置き換えると、BMP(髪の毛のもとになる毛母細胞)という物質を活発にして毛母細胞を良くしてくれます。STPを添加した培養液で、実験をした結果、BMPの産成量が135%にも増えたのです。髪の成長をしっかり刺激出来るようになるということです。

 

毛母細胞が活性化されると、女性の薄毛の大きな原因である、細い髪の毛、抜け毛といった症状が減っていき、健康で、ハリやコシのある髪の毛が増えていきます。

 

 

女性ホルモン様物質の「ホップ抽出液」

ホルモン様物質とは、人の体内に入ると、色々なホルモンに似た働きをする物質のことです。デルメッドでは、ホップ抽出液という、女性ホルモン様物質を使用を使っているのです。

 

女性の髪を豊かでキレイに成長させてくれる、女性ホルモンの「エストロゲン」。エストロゲンの働きで、女性は男性よりも、豊かな髪、長い成長となっています。

 

しかし、残念ながら思春期を過ぎてからは、加齢に伴って、エストロゲンはどんどん少なくなってしまいます。これにより、BMPも減っていくため、髪の毛の質が変化してしまいます。

 

ホルモン様物質はこの変化を補うために有効な成分になります。エストロゲンの代わりに、体の中で育毛サポートをしてくれるのがホップ抽出液です。キレイでハリやコシのある若さある髪にしてくれるのです。

 

 

殺菌成分の「サリチル酸」

殺菌効果が高く、医薬品・衛生用品に数多く使用されている成分がサリチル酸です。いろいろな雑菌が付着し、繁殖しやすい頭皮。雑菌の影響で見えない部分で荒れてしまったり、ニキビ・炎症を起こすという場合があります。

 

頭皮に対するダメージは、健康な髪を育てることへの阻害原因にもなるのです。サリチル酸の殺菌成分は上記トラブルに、とても有効に働いてくれます。フケ・かゆみなどといった症状も防いでくれます。

 

女性ホルモンの働きに注目!詳細は以下画像をクリック↓