ミューノアージュを成分からみた効果

髪を育てる「オクタペプチド-2」

髪の毛の元となる、毛母細胞を増やす働きがある「オクタペプチド-2が、ミューノアージュの一剤である美容液の主成分です。

 

潤い成分「ヒアルロン酸」「カツミレ花エキス」

肌に潤いを与える成分で、多くの化粧品に使われるヒアルロン酸。保温効果が高く、頭皮の乾燥を防いで、肌本来のバリア機能を維持する働きのあるカツミレ花エキス。

 

抗炎症成分「シソエキス」

シソ葉エキスを配合していて、頭皮の炎症、ダメージを鎮めてくれます。シソの葉は、昔から炎症を抑えてくれると言われているのです。

 

育毛に有効な五つの成分

育毛や発毛効果のある五つの成分で、髪の毛の状態を改善していくのが、ミューノアージュの二剤(薬用育毛剤)です。他の育毛剤でも使われることが多い、

 

・グリチルリチン酸ジカリウム
・センブリエキス
・パントテニルエチルエーテル
・ピロクトンオラミン
・酢酸DL-α-トコフェロール

 

これらの成分で、高い育毛効果が得られます。一剤で作られた毛母細胞に上記の成分がしっかり働き、髪の毛の生育が促進します。

 

 

植物性成分で育毛サポート

ニンジンエキス、イチョウエキス、カキタンニンを含んでいる、ミューノアージュの二剤が、頭皮状態をしっかり整え、育毛を促進します。保湿効果、抗炎症効果の高いニンジンエキス、イチョウエキスには保湿や抗炎症効果が高いっこと、血行促進効果があります。これによって頭皮の細胞を元気にしてくれます。

 

また、カキタンニンは、脱臭効果で知られていますが、保湿効果が高いので、頭皮環境をしっかり改善してくれます。

 

添加物6種類を不使用

長期間での使用になる、育毛剤。少しでも肌にやさしいものを使いたいですね。それを可能にした、ミューノアージュ。6種類の添加物を不使用としています。

 

・鉱物油
・石油系界面活性剤
・アルコール
・バラペン
・香料
・着色料

 

これらは不使用になっています。ヘアカラーなどの色落ちさせてしまう可能性のある、アルコールを使っていないのでミューノアージュでは色落ちの不安がありません。育毛剤特有の強いニオイもなく、ベタつきの要因となる添加物を使わず、多くの原料が植物エキスなので使用感が快適で使いやすいです。

 

Wのアプローチで有効成分を深浸透!詳細は以下画像をクリック↓